おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Dr. 永井のCB400Four・82th.浅間ミーティング、スピリッツ参加のバイク達。番外編

<<   作成日時 : 2016/10/04 23:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 永井恭介氏が亡くなられて、もうすぐ1年半になります。
 ご遺族から、残されたバイク達の処分を頼まれたのは、亡くなられた年の夏でした。
「出来たら、浅間のメンバーで、永く動態保存していただける方に。」というご希望だったので、80回のミーティングで皆さんに呼びかけたところ、他のバイクはそれぞれ古い会員さんに引き受けていただけたのですが、400だけは中々話がまとまりませんでした。
 そこで、もう一度皆さんに見ていただこうと思い、今回のスピリッツに参加することにしました。黄色だったし。
 参加するにあたり、車検やらストックパーツの事やらで、故人のご長男、健太氏に連絡をとったところ、そういう事なら是非走るところを見たい。と言うご希望があり、急遽追加でエントリー。事務局の御厚意で同行参加になりました。
 そもそもこの400は故人が新車で購入したワンオーナーの逸品ですが、遺言によれば「他のバイクは手放しても良いが、400だけは長男が乗り続けろ。」と言うことだったそうです。でも、健太氏の奥様やお母様から強い反対があって、手放す事にしたという経緯があります。中々引き受け先が見つからないのも、故人の思いがあったからかも知れません。
画像
 故人の思い出の品があれば一緒に持って来て。とお願いしてはあったのですが、故人を知る会員さんにはお馴染みのジャケット、ブーツ、浅間のキャップを身につけた健太氏の姿を見たとたん。彼に乗ってもらおうと決めました。だってあまりにも故人そっくり。あの、頑固で口を開けずに笑う姿が一気に蘇ってきました。そしてお父さんそっくりのライディングで無事会場を2周。
 顔つきは随分違うのに、立ち振る舞いは故人そのもの。生前から親交の深かった中山理事長が無意識に「恭介。」と呼んでしまうほど。
それを聞いた瞬間、スピリッツに参加してもらって良かったと思いましたね。
画像

 健太氏もミーティングで故人を知る方に数多く接した事で、気持ちがまとまったようで、もし今回も引き受け先が決まらなかったら、名義を健太氏に移した上で、私が保管していくことになりました。その間に、健太氏が時間をかけてお母様と、なにより奥様を説得し、いずれは引き継ぐ、ということになりました。
画像
 売りに来て言うのも本末転倒かも知れないけれど、それが1番良い気がします。ワンオーナーのナンバーも変わらない、といった事だけでなく。お父さんに連れられて小さなころからミーティングの会場を走り回っていた健太君も、今や立派なお医者さん。Dr.永井のCB400Fourは、Dr.永井のCB400Fourとして引き継がれていくのですから。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Dr. 永井のCB400Four・82th.浅間ミーティング、スピリッツ参加のバイク達。番外編 おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる