おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 軽トラ君がやってきた。

<<   作成日時 : 2015/03/26 17:00   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
うちには、義父さんから引き継いだちっちゃな山がある。山と言えば聞こえが良いけど、評価額数諭吉という程度の雑木林。

長年人の手が入ってないので草ボウボウ。気を付けないと、不法投棄のゴミの山にもなりかねない。たまたま周辺で古道を整備しているボランティア団体があるので、そこと連絡を取ったり、手入れに必要な資格を取ったり。というのは家のカーチャンの役目。私は、足がぶっ壊れているために、身体を使うことで貢献できませんので、別の形でお手伝い。

道路もちゃんと整備されていない山での作業では、4駆の軽トラが必需品になる。そういう物の手配は私の担当。

田舎に住んでいると、軽トラって言うのは一番ポピュラーな車。実際、我が町内で軽トラがなかったのは我が家だけ。

老若男女を問わず、ちょこっとした用事は軽トラで済ませてしまう。自治会の集まりなんかでは、白い軽トラがずらっと並んで、うちの車はどれだっけ?状態。

使われ方は、一昔前のカブそのもの。本当によく似ている。

と、言うことからおわかりでしょう。殆どの車が、一度購入されると、機械としての寿命が尽きるまで使い倒されるのです。

結果として、中古車市場にはあまり出回らない。「弾が少ない。」ってやつですな。そもそも、基本的なディメンションは、全く同じ。唯一、リアエンジンのサンバーってのがあるけど、見た目は殆ど変わらない。色も白ばっか。白以外の軽トラって見たことあります?

中古市場に出てくるのは、10年20万キロ位当たり前。乗用車なら、数万円レベルの古さの車が、40〜50万円で取引されてます。

それでも実用性にはなんにも問題ないから、市場として成り立っているんでしょうね。

店には営業車として使っていた、ホンダのアクティ。軽のワンボックスがあるのだが、カーチャンの普段の足が軽のワゴンなのでこれは必要なくなる。

これを下に出せば、軽トラなんか探すの簡単さ!って思っていたけど、大間違いでした。

画像
そもそも、売りに出すはずのアクティ。いつの間にかルーフがベッコリ凹んでいる!

店を手伝ってくれていた叔父さんが立木の下に突っ込んじまったらしい。

ご存じの通り、板金修理で一番費用がかかるのが屋根。おかげでディーラー系では値段が出ない。軽トラの方も保証だなんだで、価格がどんどん膨らんでいく。

こういうときに頼りになるのが古いお付き合いのモータース。

親の代から付き合いのある店に相談する。昔気質の職人さんで、古い車で困った時は頼りになるお店。交換じゃなくて修理が出るお店です。

この店なら、屋根の凹んだ営業バンでも売り先を見つけてくれる。売り物にこだわりがあるから、間違いはない。ただし元金払いの覚悟はいるけれど。

で、すったもんだのあげく、手に入ったのが、4駆のスズキ、キャリーぱみゅぱみゅ。NAの3気筒、農業車両ではなく、何処かの企業が、社用車として使っていたものが、償却期間が過ぎて下取られた車らしい。

画像
その為、走行距離も年式も、中古の軽トラとしては、ビックリするほど新しい。久しぶりのNAマニュアル車だが、走りは軽快そのもの。

室内は狭いけども、パワーもサイズも「必要かつ充分」。エンジンルームも綺麗だし、こいつは掘り出し物かも?

画像
空荷だったら2速発進。しっかり踏み込めば、車の流れをリードして走るのも不可能じゃない。なにより、気楽に乗れるのが良い。カジュアルといえば,これほどのカジュアルは無いね。

今時の軽トラは、FMラジオにエアバッグ付。こういう物が、凄くオーバークオリティに見えてしまうのが、軽トラの本質。

画像
見た目より遙かに長いデッキ。使いやすそうである。

4駆ということで、スタッドレスがついてきた。下回りは綺麗だから、雪国仕様ではなさそうだけれど。

荷台のカバーや、ロープ類は別にして、この先どうするか?思いっきりいじるか,なんにもしないかのどちらかだろうとは思うけど。

とりあえず門の上に竹箒でも縛っておくかな?車体は白だし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
軽トラ君がやってきた。 おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる