おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ビーフラインの謎が深まる、里山ツーリング。

<<   作成日時 : 2014/09/16 13:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

茨城県北部に、通称「ビーフライン」と言う、広域農道があります。

茨城県のインターネットTV。「いばキラTV」↓でも紹介されたことがある。地元のライダーには有名な道。

http://youtu.be/UYOMGoefmVA

(リンク先は、いきなりハイテンションですからご注意を。)

四季折々に楽しめる里山ルートなのですが、ある日突然名前が変わった?

画像
確かに「ビーフライン」なのに、「グリーンふるさとライン」の表示になってます。

「ビーフライン」とは、途中に「茨城県畜産センター・肉用牛研究所」と言う、「常陸牛」の仕掛け人みたいな施設があるので付いた名前。結構適当な理由からきた通称なので、地域開発かなんかで変わったのかな?等と思って走っていたら。

画像
数キロも行かないうちに「ビーフライン」にもどってる!

何だかいい加減だなあと思いつつ、水府を目指します。

後で調べたら、どうやら県北6つの自治体が「グリーンふるさと振興機構」とやらを立ち上げて、街おこしをやっていこうということで、こういうことを始めたらしいです。確かに、太田から日立に向かう所にも、「グリーンふるさとライン」という表示がありました。点線の様に広域農道を繋いでいくつもりの様だけど、その先が見えません。どうなることやら、謎は深まる?(笑)

画像
それはともかく、水府といえば「竜神大吊橋」という事になるのですが、休日は激混みなので、吊り橋を下から眺める「龍神ダム」で一休み。

入口の表示のせいで、ここが吊り橋だと思ってやって来る人も多いのですが、ここは龍神渓谷ハイキングコースの入口。ここには橋はありません。

何時もは静かな駐車場に響き渡る歓声と、気合いの入った叫び声。はて?と見上げると。

画像
橋からバンジージャンプをやってます!

聞くところによると、日本一の高さを誇るそうで、貼り付けた画像の高さは、実際に落ちる高さの3分の1ぐらい。結構凄い高さですよ。

自分でブレーキを踏めない乗り物には出来たら乗りたくない私には、苦手な遊びですね。

飛ぶときには思いっきり気合いが必要らしく,叫び声とともに飛び降りてる。でも、ジャンプが終わって引っ張り上げられるときは、皆さん下から見ていて判るぐらいぐったり。

画像
そんなジャンプがよく見える場所に10人ぐらいお年寄りが集まっています。何かあるのかとみていたら、ジャンプを飛ぶ度に。「あれは初心者だな。」「今のは上手かった。」「もっと思いっきり行かなきゃダメだ。」と言った具合に,いちいち採点している。

だいたい5〜6分に1人ぐらいのペースで飛ぶんだけど、飛ぶ人は、こんな所にギャラリーがいて、結構楽しんでいるとは思わないでしょうね。

楽しい皆さんと別れてさらに北へ。袋田の滝に向かう国道の交差点を、滝とは反対方向。里美の方へ向かいます。

ここは、深い杉林の中を抜ける林道で、峠の先は桜が綺麗だったりする,お気に入りの道の1つです。

木漏れ日が凄く綺麗で、素敵な景色の道なんですが、何だか。森が荒れてます。下草は伸び放題。竹藪もそのまんま。

作業用の道も一寸歩けない感じでした。人手語り手無いんですね。数年前はこんな事無かったのに。

画像
一寸寂しい気持ちも残りましたが、天気は最高、久しぶりの里山を満喫して帰宅。

最後はゲリラ雷雨と追いかけっこでしたけどね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ビーフラインの謎が深まる、里山ツーリング。 おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる