おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅間記念館のバイク達。

<<   作成日時 : 2013/05/31 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
現在展示中の車両から、気になったものをいくつか(今回はあっさりめに)ご紹介します。(笑)


画像
DKW Hobby Roller 1954年

DKWがドイツでヴィアッジオのノックダウン生産を企んだけれど、断られたので自力で造ったスクーター。16in.の大径ホイールが特徴。3hpで最高速度60km

このボディーの「ブリキの玩具」感がとっても気に入りました。


画像
BSA ARIEL 3 1972年

BSAグループの3輪モペット。2本のトーションバーで支えられた車体前部がスイングして旋回するらしい。駆動は左後輪のみを駆動し,デフは無い。自転車ペダルをえっさえっさ漕いでいってエンジンを始動するのは、ソレックスなんかと一緒。

いかにもイギリスっぽい一寸不思議なデザインですね。「プリズナーbU」あたりに出てきそう。


画像
MOTO GUZZI LODOLA 1960年

1956年から1966年まで生産された、45度短気筒OHC。現代のグッチは縦置きV2のイメージが強いけど、昔は色んなのつくってました。

この丸っこさが良いよね。


画像
MOTO GUZZI ASTORE500 1949年

好きなんですよね、グッチの猛禽シリーズ。

画像
リアのスプリングが収まっているフレーム下の筒がよく見えています。

ところで「アストーレ」「ファルコーネ」と言えば「鷹」と「隼」(^_-)-☆(謎の笑)


画像
MOTO PARILLA 350 1958年

パリラと言えば、なんと言ってもボリューム感たっぷりのタンクが魅力的。とても50年代の製品とは思えない格好良さですよね。


画像
PUCH 250 1958年

「プフ」はオーストリアのメーカー。4輪では軍用モデルが有名で、メルセデスの「ゲレンデヴァーゲン」の共同開発メーカー。
このモデルの特徴はなんと言ってもダブルピストンの2ストロークエンジン。一つのシリンダーの中にピストンが2つ入ってます。厳密には何ストロークになるのかしら?

追記;
nokazさんのコメントを受けて、さらに色々調べたところ、米国でシアーズがプフ・SGSスプリット・シングルを、オールステート250の名前で販売していて、その時の販促資料を掲載しているURLを発見!
そこに載ってる略図を見て動作原理がやっとわかりました(笑)

画像を勝手に載せるわけにも行かないので、下のリンクから画像を見て下さい。(図では前後の表記が逆になっているのでご注意)

http://home.sprynet.com/~inniss/sears.htm

ピストンは2つあっても燃焼室は一つ。クランクには位相差があるけど上死点で揃う。点火後はピストンの動きがずれて、前側が吸気、排気、後ろ側が掃気の各ポートの開閉を行うようになってるんですね。こうするとオーバーラップが小さくなって効率が良くなる。って仕組みです。だから、確かに2ストロークエンジンの一種。
(物はすべて他社製の、いわばOEMだけど、オールステートって言うのはシアーズのバイクや自動車に付けたオリジナルブランド名。それにしてもシアーズって何でも売ってたんですね。)


画像
BSA SPITFIRE 650 Mk-W 1967年

おなじみBSAの「ストリート・レーサー」
マッシブなんだけど、余計な凸凹が無くていかにも速そうです。


画像
TRIUMPH T120R BONNEVILLE 1966年

ちょっと意外だけど,トライアンフの元になった会社を興したのはユダヤ系ドイツ人なんですね。トライアンフは色々な年代のバイクに同じ名前を付けるからややこしいんだけど。「ボンネビル」はやっぱり1959〜60年代の黄金期のモデルが良い。

色んな人との、色んな思い出が、いっぱい詰まったモデルですね。



画像
DOUGLAS TOURING S-6 1931年

世にも不思議な横置き水平対向エンジン。キャブの配置と言い、シフトのリンクと言い、とっても不思議な配置に見えますが、良く考えるとそれなりに合理的なデザインなんですね。とにかく重心は低そうだけれど、後方シリンダーの冷却は大変そう。
1920年代にディスクブレーキを始めて採用したオートバイでもあります。イギリスが世界の技術をリードしていた時代のバイクですね。



今回ご紹介したのは、記念館のほんの一部。機会があったら是非行ってみてください。もっともっと色々な車両が、詳しい解説付で展示されていますよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
PUCH 250ですが、2ストロークでいいと思いますよ。
厳密には、一つのシリンダーブロックにシリンダーが2つで、燃焼室がつながってて一つです。
想像ですが、掃気ポートは後方シリンダーにしかなく、排気ポートが前方シリンダーのみだと思われます。
なので、与圧された混合気が掃気時に排気ポートから漏れる量が少ないと思われ…
nokaz
2013/06/01 10:04
nokazさんのコメントを受けて、PUCHの記事に若干追記を行いました。
おとーさん
2013/06/01 11:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅間記念館のバイク達。 おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる