おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS リハビリツーリング・山の景色は最高でした。

<<   作成日時 : 2012/05/24 20:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

腰の手術を終えて退院したのが3月の末。

あれから2ヶ月。リハビリに励みつつ、R100RSの整備も同時進行。

画像
一応一位通りの整備をすませ、車検も取れてはいるけれど、古めのバイクはそれだけでは終わらない。

特に古いバイクを日常的に使おう。旅の相棒にしようと思うなら、ある程度動かしてやらないと、本当の所がわからないもんです。

とは言え、RS君はきちんと管理してあったバイクだから,機械的なトラブルは殆どありません。

預けてくれたらいさんには感謝感謝。

画像
トラブったのは電装関係のみ。ウインカーのインジケーターが気まぐれだったり,ヘッドライトがサボったりが続いたので,ライトケース奥のサーキットボードを洗浄&刺し直しで解決!と喜んでいたのは,既にご報告済です。

ところが今度はブレーキ警告灯がちかちかつき始めた。フルードが減ると点くのだが、減っている様子はない。

特定の回転数近辺で点くのも妙な感じなので、ディーラーのメカさんに聞いてみると,フルードのレベルセンサーの可能性大。とのこと。

ところで,この2本サス初期型は、リザーブタンクがタンク下のフレーム前端にある。

ブレーキレバーとマスターシリンダーはワイヤーで繋がっている。

油圧ディスクなのにブレーキワイヤーがあるという,余り見ない構造。

点検するにはいちいちタンクを降ろさなくてはならない。

まあ,259系のGS君に比べれば小さい上にシンプルな構造だから,圧倒的に軽いのが救い。

フロートセンサーがダメならば,部品を取り寄せなければならないところなのだが,先ずはコネクターを洗浄して様子を見てみる。

どうやら症状は再発しないようだ。やれやれである。

こんな調子で細かいところをチェックしつつ、手元に来てからの走行距離が1,000kmを越えた。

一通りダメ出しは済んだと判断し、泊まりで出かける事にした。



行き先は八ヶ岳の麓。長野県原村のゲストハウス。

画像
金曜は前夜から雨模様。昼前から晴れるという予報を信じて待ったけど、やみそうに無いので雨支度で出発。

実はサイドカーでの雨は初めて。それよりも新調してから使う機会の無かったレインウェア。

実は一番太ってた時期に買った、GWのKOサイズ!

2サイズダウンのおとーさんにはブカブカ(笑)

冬場にどんだけ着ぶくれようがOKですなコリャ。

気合いを入れて走り出したらあっという間に雨が上がり、高速に上がる頃にはドピーカン。

画像
気温も上がって来たので、合羽を脱いで走り出したら、いきなりの土砂降りに遭遇。

高速のオーバーブリッジ下での雨宿り&雨支度を久しぶりに体験。

よい子は真似をしてはいけませんよ,危ないからね。

画像
どうやら「着るやむ脱ぐ降る」状態になってきたので、蒸れるの覚悟で合羽は着っぱなしに決定。

ちょっと濡れた上に風が強かったから、まあ丁度良いか状態で信州まで一気走り。

画像
旧友と再会した宿では。地元のワインで大いに盛り上がる。

翌日は信じられないような良い天気。

景色を見ようと八ヶ岳エコーライン、大門街道、ビーナスラインで、白樺湖を見下ろす駐車場で一休み。

なんたる景色!

画像
浅間山から、八ヶ岳

画像
ちょっと登ってからだけど、遠くに富士山が!

画像でわかるかな?

画像
南アルプス、甲斐駒、北岳から

画像
木曾の御嶽山まで!

どちらを見ても最高の景色。思い切って来た甲斐がありました。

すっかり満足できたので、今回の旅の目的の一つ、「ぴざ屋」さんへ向かいます。

画像
ぴざ屋といえば「ボンバー」!

画像
他にも色々頼んで大満足。

その後は、あちこち走って落石がゴロゴロしている「落石注意」林道に出会ったり、深砂利に足を取られそうになったり。

ワインディングで轍に散られ、果敢にパッセンジャーを務めてくれたnokaz奥方様を驚かしたり.

画像
「さてどうしたものでしょう?」に出会ったりしつつ、田楽しい3日間を過ごすことが出来ました。

バイクも身体ももう大丈夫。ちょびっと自信を取り戻せたかな?

さて、今回の教訓その1

バイクにiPhone+Bluetoothヘッドセットは、音楽を聴きつつ、ナビに使いつつ、電話も受けられるという取っても便利なアイテムなのですが。

熱だれを起こすんですね。いきなり止まっちゃう。

画像
今回は、カーに積んであったクーラーボックス用の保冷剤を下に敷いて何とかしましたが、真夏までには対策を考えねば。

教訓その2

サイドカーはダートを走っても転けません。が、駆動輪を深砂利に取られると、後が大変という事を再認識。

教訓その3

ここに入ってる左足が熱い!

画像
下からはエキパイの熱にあおられ、前からはシリンダーとオイルクーラーの熱風に吹かれ。

カウルの外で風に当てようにも、お船が邪魔でそうも行かず。

下手な靴は履けませぬ。



帰宅した頃には、気がつくと杖を忘れる様になりました。

やっぱりリハビリにはバイクが一番!かな?



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。
ホントにサイコーな天気でしたね。
またよろしくです。
nokaz
2012/05/25 08:11
うらやましい。 我が家の3輪車は冬眠中
らい
2012/06/17 09:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
リハビリツーリング・山の景色は最高でした。 おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる