おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ようやく走り出しました。

<<   作成日時 : 2011/11/25 20:54   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
一応の作業を終え、無事定員3名「側車付き自動二輪車」で車検も取得。

まだまだ、錆びも作業も残ってますが、走り始めたRS+クマガヤ君。

画像
バッテリーも正規の位置に戻し、すっきりした外観へ。

パニアを外すともっと軽快な感じになります。

画像
サイドカバーは、入荷&塗装待ち。暫くは、色々むき出しです。

画像
ビリオンステップ兼用のアルミ製「足場」は、右膝にダメージのある私が左カーのRS君に乗り込むための、便利な道具。ディーラーさんのお心遣いです。

画像
ハンドルカバーが未入荷のためむき出しですが、オリジナルに戻したハンドルバー。

前傾はちょっときつくなりますが、狙い通りの自然なポジション。

サイドカーは、普通のバイクと違って、積極的にハンドルを切り込む必要があるのですが、充分力も入ります。

無線機のコントロールはここに付けました。アルミのステーはリベット止め。

画像
ロールバー状の幌骨にぶら下がっている編み紐は、一体何だろうと思っていたのですが、

どうやらこういう風に使うらしい。(笑)

古ぼけたウェアに身を包んだくたびれたドライバーの外見から、ベテランだと勘違いする方が多い様ですが、実はサイドカーは超初心者。

おっかなびっくり練習中の身の上ですが、想像以上に面白い乗り物ですね。

いささか人目をひきすぎるけど。(笑)

はしゃいだ気持ちで走り出し、最初の交差点でウインカーを出したとたんにポン。

アクセサリー系がうんともすんとも言わなくなってしまいました。

どうやら無線機の配線をいじっていて、ウインカーの配線を抜いてしまい、スイッチを入れたとたんにショートしてヒューズがお亡くなりになったようで。

最近のバイクなら、ヒューズ交換なんてどうってこと無い作業なのですが、古いバイクはそうも行かない。

特にツインショックのRS君。リレーもヒューズも、ヘッドライトケースの中。

画像
カウルの裏に手を突っ込んで、ガラス製のライトカバーを割らないように気を付けて外し、リムのボルトを緩めてライトユニットを外してやると、一番奥にヒューズが見えます。

画像
ヒューズもちょっと前の欧州車には良く使われている、通称イモヒューズ。

普通のホムセや用品店では見かけないので、ディーラーさんへ直行。

ディーラーさんにも在庫が3本しかなく、スペアも欲しいから全部ちょうだい、といったら、せめて1本は残しておいてくれないと困る。と言う事。

交換がすんだら、元通りに組み直せば終わりなのですが、外す時に動かしちゃったから、エイミング調整が必要。

ヒューズ交換の度に光軸あわせなんて、流石70年代のBMW。

お清めの先例だと思いましょう。

手始めって訳じゃ無いよね、ね?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
手始めって訳じゃ無いよね、ね?>そうかもよ
編み紐の使い方は大当たりです
らい
2011/11/25 22:38
手始めって訳じゃ無いよね、ね?>そうかもよ

同感!(笑)
nokaz
2011/11/28 16:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
ようやく走り出しました。 おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる