おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 笠間でざる豆腐   被災証明を使ってみた

<<   作成日時 : 2011/06/27 21:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
友人がblogで「ざる豆腐」のことを書いていた。ざる豆腐と言えばお気に入りなのが、笠間は佐白山の麓にあるとうふ屋さん。

その味を思い出し、我慢できなくなって買いに出かけました。

画像
行きに通りかかった、常磐道上り水戸インター出口はこの混雑ぶり。

その原因をつくっているのが、6月20日から実施された、被災者等を対象にした高速道路の無料化。

画像
常磐道の場合、この被災証明書を持っていれば、水戸インターから北で、のるかおりるかすれば、無料になるという制度。

茨城県も被災地だし、親戚や友人に物を届けたりとか、こちらに避難してきている人達にも、ありがたい制度ではある。

どんな物か興味津々で、申請してみた。

那珂市の場合、手続きには市役所本庁舎のみでの受付。

市役所の1階ロビーに特設のフロアがつくってあり、十数人の職員の方が対応してくれている。

会場の入口に用意してある名簿に名前を書いて、呼ばれるのを待つ。待っている人は数十人!

混雑したファミレス状態で待つこと約30分。

手続き自体は簡単で、「被災証明願」という書類に住所氏名を書込、被害の概要欄にチェックを入れて捺印。

係の方が、台帳で本人確認をして、おしまい。その書類がそのまま証明書になる。5分もかからない。

で、実際はどう使うかというと、ETCレーンは使えず、入口で通行券をとる。(こんなの随分久しぶりだ。)

出口で先ほどの証明書と、免許証などの身分証明書、通行券を合わせて出すと、料金所の係の人が、それをチェックする。

と、言葉で書けばこれだけなのだが、これに結構時間がかかる。

私の場合、濡れると困る証明書と免許証を透明のケースに入れて、一緒に出したのだが、人によってはいちいち免許証をケースから出したりしまったり。

前もって用意しておくことを呼びかける係がいたりと、結構な手間。

ETCを使えるようにするとか、もうちょっと何とかならないものだろうか?

下を通ってもたいした距離じゃない距離をわざわざ高速に乗った奴がいう事じゃないけどね。

まだ無料になるなら我慢もできるけど、混んでる上に、休日1,000円じゃなくなった方は、さぞ怒ってるだろうなあ。

使い方も考えるようにします。

画像
何はともあれ、ざる豆腐は美味しかった。一緒に買ってきた、豆腐ドーナッツに子ども達も大満足ではありました。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
笠間でざる豆腐   被災証明を使ってみた おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる