おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 不思議空間東北サファリパーク

<<   作成日時 : 2009/11/05 17:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カーチャン実家から、「東北サファリパーク」のタダ券が届いた。何でも町内の関係からもらった物らしい。それを見つけた子ども達。行こう行こうと大騒ぎなので、紅葉見物がてら出かける事にする。

パークの入口に着いてみると、レーシングマシンを積んだトランポが数台一緒に並んでいる?はて?えびすサーキットと隣接しているとは聞いていたが・・・え。入口が一緒?

この2つの施設は、隣接どころか、混在していたのである!

兎にも角にも先ずはサファリパークへ。先達から、自前の車でサファリゾーンに入るとトンでもない目に遭うと聞いていたので、レンタル料1,000円を払って車を借りることにする。

案内用のラジオを受け取って、ゲート前に行くと、まるで廃車置き場から引っ張り出してきたような、ボコボコの乗用車が並んでいる。子ども達はおもしろがっているが、あまりの状態にいささか不安になってくる。

運転席に乗り込むと、サンバイザイーに「もし、途中で車が動かなくなったら、クラクションを鳴らして係の者を呼ぶこと。絶対に車から出ない事。」という注意書きが張ってある。ますます不安になる。

まるで「ジュラシックパーク」のセットのような(こっちが本物か?)鉄の二重ゲートを抜けて、先ずは肉食動物ゾーンへ。

画像

確かに放し飼い状態のライオンが十数頭いるのだが、動いていたのは1頭だけ。殆どが、なるほどこいつらは猫の仲間だと思わせる格好で寝転けている。ここの目玉らしい「ホワイト・ライオン」(歯磨きみたいだけど、ライオンのアルビノ)もすやすや。

こんなもんかいと思いながら、再びゲートを抜けて、草食動物ゾーンへ入ったら、餌を求める動物たちが、すごい勢いで集まってくる。鹿が、ラクダが、エミュが、シマウマが!。

画像

車にすり寄ってウインドウに顔をこすりつけ、餌のおねだりをするのだ。まるで襲われている気分。

画像

そんなこんなでサファリゾーンを抜け、無事に自分の車にたどり着いたら、「サル劇場が開演ですよ〜。」と客引きの声が。

子供に引きずられながら行ってみると、チープでキッチュな建物があり。「サル劇場と、フラミンゴショーと、アシカのショーと、アザラシの水族館がセット料金。」なんだそうである。

画像

ショーそのものはこんなもんかな。といった子供喜ぶの内容だったけど、サル劇場で犬に芸をさせていたお姉さんが、そのまんまアシカショーのトレーナーだったり、フラミンゴをけしかけていたり。マルチタレントなのはある意味すごい。

画像


マルチと言えばこの施設そのものがマルチ。サーキットと混在していて、サル劇場の駐車場からエキゾーストサウンドのする方にちょっと行くと、ドリフト教室。

画像

は虫類館の駐車場がそのまんまショートコースのパドックで、ミニバイク・レーサーやレーシングカートが白煙を上げていたり。

初体験のサファリパークは、とっても不思議な空間でした。

画像


インサイトは納車待ちです。そっちの話題はもう少々お待ち下さい。(^_^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
不思議空間東北サファリパーク おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる