おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS COOLROBOのクランプをメットに固定しちゃいました。

<<   作成日時 : 2009/09/07 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

デイトナのBluetoothヘッドセット、「COOLROBO」。

スタンダードのFTM-10と組み合わせて、無線はもちろん、ラジオやiPod、ナビの音声を聞くなど、気に入って使っているのですが、メットをSZ-Ram3に変えたら、取り付けに問題が発生。

オリジナルのイモネジ4本で取り付けるやり方だと、徐々にゆるんできて外れてしまうのです。そこで、元々のパーツを加工して固定してしまうことにしました。

COOLROBOの最近のモデルでは、イモネジは使わずにスプリングで固定するようになっているので、そっちを買えば話は早いのでしょうが、それじゃつまらなから。と思ったことが、吉と出るか、凶と出るか。

画像

先ずはバラします。道具や知恵。その上お手も借りるため、作業は行きつけのディーラーさんの裏庭をお借りして。f(^ー^;

画像

加工のアイデアは、このクランプ本体を利用し、外側のネジ山をぐってひろげ、メットの帽体に穴を開けてボルト止めしてしまおうというもの。

適当なボルトを探したら、BMWの新車に付いてくるライセンスプレート取り付けボルトが、ピッチも長さもぴったりでした。ディーラーさんでは、納車の時にもう少し高級なボルトに換えているそうで、余ったものをいただきました。

画像

なるべく深い位置に穴を開けたいので、メットのゴムを切り取ります。イモネジ用の穴は、内側と外側で、芯が出ているわけでは無いので調整が必要。この時、クランプが思った以上に柔らかいのでちょっと不安が・・・

画像

穴を開けたら、間にいたゴムをはさんでボルトでとめます。なかなか良い感じで収まっています。

画像

内側からみるとこんな感じ。ボルトの長さも良い感じ。

画像

あとは元通り組み立てて作業完了。これでもう落ちることは無いでしょう。これで良し、と思ったのですが・・・

画像

1日使ったら、こうなっちゃいました。(泣)

クランプ本体の剛性不足です。徐々に開いてきてガタが出てしまいました。これでは増し締めしても同じこと。落っこちることは無いでしょうが、ガタがあると穴が拡がってしまう危険があります。

画像

仕方がないので、両面テープを挟み込んで固定し直しました。テープは何枚か重ねて隙間にあわせてあります。格好悪いなあ、手持ちのテープが白しかなかったので、ますます格好悪い。

やっぱり素直に新型のクランプ買った方が良かったかしら?でも穴開けちゃったからこのまま使います。長い目で見ればきっとこの方が正解。

と、思い込むことにします。










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
COOLROBOのクランプをメットに固定しちゃいました。 おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる