おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 温度差30°のツーリング・木曽路

<<   作成日時 : 2008/05/11 19:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


GWの後半は、木曽福島に行ってきました。いつもの仲間達が集まったのは、「木曽古道」キャンプ場。今回はバンガローで2泊です。

仲間達と言っても、住んでいるところはバラバラ。今回は西の端が京都。東の端が私めの住んでいる茨城。と言うことになるので、基本的には現地集合。途中メールや無線で連絡を取り合い、合流できるところは合流する。と言うのがいつものスタイル。

そんなわけで、GWのツーリングというと、先ず気になるのが「渋滞」ですが、私の場合、単独で首都圏を避け、一般的な人の流れとは、なるべく逆方向になるようなルートの設定が可能です。

今回は、部分開通したばかりの「北関東自動車道」を使って見ることにしました。設定したのは、茂木を抜けて、真岡ICまでは一般道。まだ接続していない、佐野藤岡IC〜太田桐生ICの間10kmほどをR50で繋いで、上信越道の佐久ICまで高速で。そこからは、蓼科、諏訪を抜けて杖突峠から木曽路へ。と言うルート。

このルート実は大正解で、佐久で昼食ぐらいと思って出かけたのですが、昼頃には諏訪に着いていました。一番混んでいたのは、佐野藤岡ICから、「アウトレット」までの数km。何しろ高速料金所から、びっちり四輪車が並んでいます。あの「お買い物パワー」はいったい何なの?

佐久から先の一般道は実に快適。結構な観光地を通っているのですが、特別渋滞もなく、景色も綺麗です。

信州で一番好きのは、一山越えて、街へ下って行く、長くて真っ直ぐな、緩い下り道。こういう道を下っているときの景色の雄大さ、山々の美しさは、この地方の特徴です。

こういう道を走る度に羨ましく思うのは、毎日こんな景色を見ながら育つと、スケールのでかい人間ができるんだろうなあ。と言うこと。

実はこの間。あまりの気持ちよさに一気走りになってしまって、画像が1枚もありません。f(^ー^;

高遠駅を過ぎた辺りで、試しに無線で呼びかけてみると、聞き慣れた声がかすかに聞こえてきました。1日早く出発し、北上してきた仲間達と、伊那で合流です。

天気は快適を通り越して暑い。路肩の温度計はなんと28°です。

画像


なんだかんだで到着した、「木曽古道」キャンプ場。着いたとたんに、はしゃいだせいか、立て続けに2度も転倒してしまいました。キャンプ場内のダート道で。

画像


この日の夕食は、表でおきまりのバーベキューです。

開けて2日目は、昨日とは打って変わった冷たい雨。なかなか動き出す気になれません。

画像


そうは言ってもおなかは空いてきます。折角だからうまい蕎麦を食いに行こうという事で、向かった先は、開田高原の「ふもと屋」。

画像


由緒ある旅館でいただいたのは、ここの名物「とうじ蕎麦」。鉄鍋に、味噌仕立ての具だくさんの鍋が出てきます。

画像


これに、ざるに入れた蕎麦をさらして、暖まった所をいただくというもの。美味な上に身体が温まる、この日にぴったりの蕎麦でした。

画像


その上、このお店では、「ライダー優遇制度」というのがあって、バイクと自転車で来たお客さんは、普通盛りの料金で、大盛がいただけます。

画像


日帰り温泉でひとっ風呂浴びた後、この夜の食事は、「豚肉大根鍋」話も弾み、お酒もすすみます。

画像


3日目の朝は、青空。この日は都内からも富士山が見えたぐらい空気の澄んだ朝だったそうですが、その分木曽は冷え込んで、バイクの温度計はなんと氷点下2°!

部屋の中に飲み残したバーボンのグラスに入った氷が溶けていないという冷え込み。澄んだ空気の中、山の景色を楽しみながら家路につきました。

しっかりリフレッシュできたツーリングでしたが、翌日からの社会復帰が大変です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
温度差30°のツーリング・木曽路 おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる