おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 娘とバイクと親心 ー法事続きの日々よりー

<<   作成日時 : 2007/12/09 21:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

どういう訳か今年は近所で不幸が続き、十一月からお悔やみか法事が続いています。

特に十二月は毎週法事。町内会の皆さんとは「ではまた来週。」なんていう挨拶が当たり前になっています。なにしろ11軒ある町内会の内6軒が喪中。

お寺でお経を上げてもらい、焼香のあと墓参りをしてからお食事どころへ移動して、ということになるのですが、毎回同じメンバーが集まるので普段以上に親しくはなっていきます。

そんな中でお隣の方が、やたらと私にバイクの話を聞きまくる?

不思議に思いながらお話しをしていると、「実は娘がバイクの免許を取って、250の中古を買ってきたのだが。」ということだそうで。

このお嬢さん、現在は普通のOLさんですが、「ツインリンクもてぎエンジェル」というサーキットのイメージガールを2年間務めたことがあるという美人さん。

どうやらその辺からバイクに目覚めたらしく、親の知らぬ間に免許取得&中古車購入。ということになったらしい。

親としては心配でしょうがないというわけですな。

バイクを買ってしまったのはしょうがないとしても、間違った方向へ行ってしまうんじゃないか、事故でも起こしたらどうしよう。中古で買ったバイクはまともな物なんだろうか?といった具合に心配の種は尽きない。

親は、ホンダの250でどうやらアメリカンタイプらしい、ということだけは知っているらしく、一度バイクを見てよ。ということになってしまった。見たからどうっていうわけではないと思うんだけど、頼み込まれて食事の後お隣へ。

免許を取ってバイクを買ったばかりなら、休日に家にいるわけはない、ましてや天気も最高。

案の定、お嬢様はバイクとともにお出かけ。

バイクに乗るってことは、確かに危険な面もあるけれど、自分の面倒は自分でみれるようになるってことでもあるからというお話しをして、帰ってきました。

自分がバイクに乗り始めた10代の頃のことを思い出してみると、やっぱり親は反対していました。私ぐらいの世代で親に勧められてバイクを始めたって人はあまりいないと思うけど、いつの間にか心配される側から心配する側に廻ってしまったんだなあ。

お隣のお嬢さんが「間違った方向」に行かないように見守ってあげようとは思っています。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
娘とバイクと親心 ー法事続きの日々よりー おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる