おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 浅間ミーティングに参加してきました。

<<   作成日時 : 2007/05/22 15:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私は浅間ミーティングクラブという今年NPOになったオートバイクラブのメンバーで、ミーティングのお手伝いをしています。
クラブでは年2回浅間火山レースが開かれた群馬県長野原町北軽井沢でミーティングを開いています。その他にも、町営の「浅間園」という施設の中にクラブの管理するオートバイのミュージアム「浅間記念館」というのがあって、年1回展示車両の入替をするのですが、そのお手伝いなんかもしています。

そんなわけで、ここのところ毎年最低3回は北軽井沢に通っているのですが、毎回同じ道ではつまらないので、時間に余裕のあるときはなるべく違う道を通って行くようにしています。

今回はちょっと回り道がすぎたかな?

画像


前回の教訓を生かして先ずは給油です。f(^ー^;

画像


日光を抜け、金精峠のてっぺんで休憩。どうも中禅寺湖や戦場ヶ原あたりには止まる気がしなくて。
残雪はこの日のキーワード?

画像

画像


金精道路から尾瀬方面に右折。片品村でこんな蕎麦屋を見つけたのでお昼にします。妙に都会っぽい妙齢のご婦人が2人と、厨房にはやっぱり若めの男の方が1人。

画像


片品村から尾瀬を目指し、車両入山規制の始まる鳩待峠の入口を左折。水上方向に向かいます。道路脇に残雪の残る道を上っていくと、谷川岳などの山々が見えてきます。

画像


とても気持ちが良かったので、無謀にもこんな脇道にまで入り込んでしまいました。

画像


県道に戻って峠を越えると、道は渓流沿いになります。いくつもの沢筋から雪解け水が滝になって流れ込み、水量の上がった渓谷からの水しぶきがスクリーンをぬらすほど。
絶景でした。

画像


あまりの気持ちよさについ調子に乗って、水上から南下すれば良いものをさらに北上。
新潟に入り、苗場、湯沢のバブルの残骸を眺めながら石打まで行き、R353を西に向かいました。

画像


田沢から千曲川沿いに走って長野県へ。県境の道の駅「信越さかえ」で休憩です。
画像の外にもずらっと売店があるのですが、売り子のお姉さんが1人。買えないお客が結構沢山。(笑)

画像


道の駅の少し先から、野沢温泉を通って志賀高原へ抜ける県道を発見。早速そちらへコース変更です。
長野の県道は侮れません。

画像


まったくもって侮れません。というわけで、国道へUターン。

画像


戸倉で味を占めたので、雪の壁が見たくて志賀高原へ。
ここから、向こうに見える山を越えます。この時点で17:30。
さすがにこの時間から高原を目指す奴はそうはいないらしく、草津に降りるまで対向車は3台。内1台はスクーター(@_@;)
高原の景色を独り占めです。
結局期待した雪の壁はなく。19:00頃に宿につきました。

画像


今回の浅間ミーティングに参加されたバイクついては、次の記事に掲載しております。ご覧になりたい方は、このページの下の方にある「後記事(2007/05/24)>>」をクリックしてください。

また、クラブの詳しいことについて興味のある方はクラブのホームページ

http://www.asama1975.org/index.html

をご覧下さい。「ミスターバイクBG」や、「ライダースクラブ」などの、バイク雑誌でもミーティングの様子が報道されると思います。
浅間ミーティングクラブは、けして旧車だけのクラブではありません。私も含めて、新しいバイクで来る方も沢山います。チャンスがあったら是非一度参加してみてください。

リモートメール



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
浅間ミーティングに参加してきました。 おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる