おとーさんのバイク日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ブレーキングのお話・その2

<<   作成日時 : 2007/02/15 09:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブレーキの使い方をいくら教わったところで、いつでも使えるようになるには練習が必要です。で、どんな練習をしていたかというと。

ブレーキパッドをローターにあてる、スピードは落ちずにフロントサスが沈む。一気にブレーキを握り込む、フロントタイヤからスキール音が出るか出ないかの状態を維持するように力加減。

これを、先ずは40km/hぐらいの速度から始めて、出来るようになったら徐々に速度を上げていく、と言うことを繰り返して練習しました。

実際にこれが出来るようになると、自分で驚くくらい短い距離で止まれるようになります。

私が乗り始めた頃はこういう練習をやっても周りに迷惑をかけない場所が身近にあったのは幸運でしたが、コントロールできる様になり始めると、楽しくなってきて、よく練習していました。

そんなことをやっている内に、使いやすいブレーキってのがどういうものかだんだん解ってきた気がします。




リモートメール

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブレーキングのお話・その2 おとーさんのバイク日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる